HOME  » 書道紙  » 奉書紙

奉書紙

HOUSHOSHI

古くから神事や公文書などに使われてきた格式高い和紙

古くから日本では、公文書用の紙として奉書紙が使われていました。
起源は室町時代まで遡り、幕府からの命令書(=奉書)に使われていたことから「奉書紙」と呼ばれるようになったようです。
現在も「大切なことを伝えるときに使う紙」として奉書紙が使われています。
祝辞や弔辞を書くとき、また、日本画の裏打ちや版画、結納包、のし紙、掛紙、懐紙、免状用紙など、その用途は多岐にわたります。

少し厚みのある、しなやかで丈夫な奉書紙

半紙など他の和紙に比べて厚みがあり、しなやかで丈夫な和紙が奉書紙です。
原料に楮(こうぞ)を使用して作られています。
最近ではパルプを使って作られているものも増えてきました。

柾判

柾判MASABAN

  
糊入判

糊入判NORIIREBAN

奉書紙の使い道

古くから「大切なことを伝える」ときに使われてきた奉書紙。
祝辞や弔辞を書く紙として、また、お祝いや香典を包む紙として使います。
そのほか、日本画の裏打ちや版画、結納包、のし紙、掛紙、懐紙、免状用紙、御朱印帳など多岐にわたります。
最高級のものは浮世絵や日本画にも使われています。
用途に合わせて奉書紙のサイズをお選びください。

奉書紙の裏表

奉書紙は和紙ですので、裏表があります。
つるつるとした面が表、ざらざらとした面が裏です。
裏と表、どちらに書いても構いません。
筆で書く場合、表に書いたほうがにじみにくく書きやすいです。
裏に書くとにじみやすいですが、和紙特有の味わいがあります。
お好きなほうをお使いください。

奉書紙は印刷も可能

奉書紙は印刷も可能です。筆で書く場合と同様、裏表どちらに印刷しても構いません。
ざらざらした裏面に印刷することで、和紙の風合いを活かすのもおすすめです。

奉書紙 商品一覧Item List

対象商品:5

並び順を変更| 新着順価格順

奉書紙 銀 7.5kg 柾判
5,775円 (品番:11595)

数:

奉書紙 銀 8.25kg 柾判
6,352円 (品番:11596)

数:

奉書紙 銀 10kg 柾判
7,700円 (品番:11597)

数:

奉書紙 銀 4kg 糊入判
3,080円 (品番:11598)

数:

奉書紙 銀 4.5kg 糊入判
3,465円 (品番:11599)

数:
1

全 [5] 商品中 [1-5] 商品を表示

商品カテゴリItem Categroy

営業カレンダShop Calendar

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
※赤文字の日は、お電話でのお問い合わせ対応及び、出荷作業休業日となります。ご注文は随時受け付けております。 このカレンダーは書遊の店舗ではなく、書遊Onlineの営業日カレンダーです。