【Online特価】学生白鳳 半紙

gakusei hakuho

※価格シールが貼られている写真の価格は撮影当時の価格となります。

タグ
    定価 (税込)
    3,300円
    販売価格 (税込)
    1,964円
    取得ポイント
    19ポイント
    数量
     紙の小分け袋はこちら»
     プレゼント包装について
    この商品ページをシェアする
    この商品を友達に教える
    #書道紙/#漢字用 書道紙/#漢字練習向き/#機械漉き/#国産/#学生白鳳/#ばら売り有/#コストパフォーマンス高/#にじみ:★★☆☆☆/#厚み:■■■□□/#中学書写向け学校教材/#中学書道部向け学校教材/#高校教科向け学校教材/#高校書道部向け学校教材/#小学書写向け学校教材

    表現の幅が広がる練習向きの半紙

    パリッとした紙質が特徴の鳥取県産機械漉き半紙です。
    名前に学生とついていますが、書道の初心者の方にぜひ使っていただきたい練習用に最適な紙です。

    寝かせば枯れる紙

    学童向き機械漉き半紙。 学童の練習用から清書(競書出品)まで幅広くご利用ください。 紙質は、ニジミは少なめな半紙となり、筆に程好い抵抗感があって書きやすい半紙です。 一般の方の練習用にもご利用いただける、高品質な学童向け半紙となります。 この商品は、滲みを止める薬品を一切使用せず、原材料を厳選・微調整することでニジミを止めるという高度な技術で漉いているため、自然な風合いの半紙に仕上がっています。 また、ニジミ止めを施していないことから、紙を保管する(寝かせる)ことにも向いており、ご購入後3ヶ月・6ヶ月…と、紙を寝かせることによって紙が枯れ、より良い品質へと変化する商品です。 安心してお買い求めください。

    厚さによる表現の違い

    普通厚の紙は、墨が横に広がっていきやすく墨の量が少なくて済むため、軽快な筆運びが可能です。
    また、厚手の紙よりもニジミやすいことも挙げられます。
    ニジませたくない方は厚手の紙を選んでいただく方が良いでしょう。
    なるべくにじませたくない場合は、墨の濃度を上げて書くなどの方法もございます。

    厚手の紙は、墨が紙の奥に染みこんでいくため横に広がるニジミは少なく、墨の色に奥行が感じられます。
    使う墨の量が多く必要ですし、ニジミが少ない分、擦れが表現しやすい特徴がございます。
    擦れさせたくない方は普通厚のタイプを選んでいただく方が良いでしょう。

    普通厚と特厚口、それぞれの良さをぜひ実際に試して比べてみていただくことをお薦めします。

    上図:固形墨「萬世」淡墨   下図:固形墨「萬世」普通濃度

    【Online特価】学生白鳳 半紙のレビュー(4件)Item Review

    • しも
    • 40代
    • 女性
    • 2019/08/23 09:59:03
    少し薄め
    小学生と高校生のこどもの練習用に購入しました。思ったより薄かったので、小学生には使いにくいかな?と感じました。高校生は、書きやすい!と気に入っています
    • N
    • 50代
    • 女性
    • 2019/06/10 09:36:47
    少し上級にも。
    少しにじみがあるので、しばらく寝かせて落ち着いた頃に使用するようにしています。
    墨入りが良く墨色がきれいに出ます。
    価格は手頃ながら、少し上級に使うことも出来る紙だと思います。寝かせる期間を考えて購入するようにしています。
    • 日当たり
    • 30代
    • 女性
    • 2017/05/30 23:08:49
    少し
    にじむけど、滑りがよく子供が使いやすい
    • ふじ ちくま
    • 60代以上
    • 男性
    • 2017/05/27 19:34:50
    学生でなくてもいい書き味
    「学生白鳳」とありますが、学生でなくても一般の人にも練習に十分使えます。紙代が上がっていいるので重宝しています。スーパーにはもっと安い紙がありますが、やはり「書」の練習となるとこの程度の紙質の紙は使いたいものです。

    よく一緒に購入される商品Related Items


    【今月DM掲載&Online特価】書道一番 半紙
    2,030円

    購入数:

    【Online特価】クロスケ 450cc[5本セット]
    1,100円

    購入数:

    新さくら(並厚) 半紙
    2,039円

    購入数:

    書道紙カテゴリ一覧

    書遊 売上ランキングSales Rankings