【大決算SALE特価商品】墨液 凛 2000mL

rin
商品番号
1465
商品区分
1035
メーカー
日本製墨
容量
2000ml
仕様
膠系
在庫
取り寄せ品
※実店舗の在庫に関しましては、実店舗へご確認くださいませ。
発送時期
ご注文日後、10営業日前後
タグ
    定価 (税込)
    5,021円
    販売価格 (税込)
    2,410円〜2,510円
    オプションの詳細価格»
    購入数量
    取得ポイント
    25ポイント
    数量
     この商品ページをシェアする
     この商品を友達に教える
    #墨液/#漢字作品用墨液/#膠系/#日本製墨/#コストパフォーマンス高/#〜2000ml
    こちらの商品は6個以上のご購入で「まとめ割り」が適用されます。

    見れば納得!墨液なのに、固形墨に劣らない表現力を実現!

    その差は歴然、合成樹脂系の墨液より「凛」は美しいニジミを映し出す。

    時間をかけて磨る墨には、なんとも言えない奥深さがあります。
    墨液「凛」は、固形墨に勝るとも劣らない美しいニジミを表現でき、合成樹脂系の墨液に比べ、魅力に映ります。

    固形墨、墨液「凛」、合成樹脂系の墨液のにじみ比較

    固形墨「萬世」淡墨 / 使用紙「神鹿」

    固形墨ならではのニジミ

    磨ることで細かい粒子となる固形墨は、ニジミがきれいに表れます。

    液体墨「凛」32倍希釈 / 使用紙「神鹿」

    固形墨に迫る表現力「凛」

    油煙墨+天然膠で作られた「凛」は墨液の走りが良くニジミがきれいに表れます。

    合成樹脂系の墨液 32倍希釈 / 使用紙「神鹿」

    にじみの表現力は皆無

    一般的な合成樹脂系の墨液では、繊維が均一で抵抗が少ない紙「神鹿」でも綺麗なニジミ表現はできません。

    紙によっても様々に表現されるニジミ

    紙にこだわりたい上級者も納得

    紙によってもまたニジミは異なります。 紙が水分を吸収するときの吸収力によって、墨の広がり方が違うのです。 一般的に手漉きの紙は原料によるニジミ方が様々で、機械漉きの紙はニジミにくい傾向があります。 たくさんある紙の中から、書遊がお勧めする代表的な紙で、ニジミの違いをご覧ください。

    代表的な手漉き、機械漉きの紙に対するにじみ比較

    各代表的な紙に対して、墨液「凛」のニジミを比較しています。
    手漉き、機械漉きに関わらず、隅までニジミ表現ができています。

    作品向き

    紅星牌(手漉き)

    上図:淡墨(32倍希釈) 
    高精細な紙である紅星牌は、繊維が均一で抵抗が少ないため墨液の走りが良くニジミがきれいに表れます。

    下図:原液のニジミ
    墨液との相性が良く、紙の中に深く入っていくので、奥行のある黒が表現できます。また、発色がよいため、生きたような味わいも。

    作品向き

    神鹿(手漉き)

    上図:淡墨(32倍希釈) 
    書遊が自信を持っておススメする神鹿は、繊維も均一で抵抗が少ないため墨液の走りが良くニジミがきれいに表れます。

    下図:原液のニジミ
    墨液との相性が良く、紙の中に深く入っていくので、奥行のある黒が表現できます。また、発色がよいため、生きたような味わいも。

    作品向き

    光遠(手漉き)

    上図:淡墨(32倍希釈) 
    光遠の特徴は、紙の繊維質がもつ特性により、ニジミが少ないと言えます。淡墨を落とすと放射線状に墨液が走り、ニジミはあまりきれいには出ないので淡墨には向かない傾向があります。

    下図:原液のニジミ
    原液だと、筆を止めてもニジミが生じにくいので非常に書きやすい紙です。

    練習向き

    学生白鳳(機械漉き)

    上図:淡墨(32倍希釈) 
    学生の練習用によく使われる学生白鳳は、ニジミが少ない特徴があります。淡墨を落とすと放射線状に墨液が走り、ニジミはあまりきれいには出ないので淡墨には向きません。

    下図:原液のニジミ
    光遠に比べると、黒色の発色は出にくいですし多少のニジミも生じますが、練習用にはとても書きやすい紙と言えます。

    初心者から上級者まで使える、表現力豊かな「凛」

    固形墨の感覚を失うことなく、「作品作り」や「練習」に没頭できます。

    オススメPoint.1

    濃度・サイズが選べる

    濃度が選べるので、利用用途が広い。

    濃さの異なる2種類をご用意しています。 「濃墨」は原液はもちろん、薄めてお好みの濃度でお使いください。 「普通濃度」は薄めることなくそのままお使いいただけますし、薄めて使用していただいても結構です。 濃度が足りなければ、固形墨を磨り込んだりとお好みの濃度や色に仕上げることも可能です。

    オススメPoint.2

    天然系の膠を使用し、固形墨に迫る表現

    固形墨を磨りこむことも可能

    天然膠を使用しているため、書く時の筆の伸びがよく滑らかで、固形墨のような書き味を楽しむことができます。 天然膠だからこそ、合わせて固形墨を磨り込むことも可能。 ただしその場合には、必ずしっかりよく混ぜることが大切です。 合成樹脂を使った液体墨にはない書き味と仕上がりをぜひ体験してみてください。 きっとその良さをご理解していただけるはずです。

    オススメPoint.3

    作品作りから練習まで使える

    漢字から仮名まで幅広く使える

    墨液「凛」は、油煙墨+天然膠の組み合わせで、練習はもちろん、作品作りにも積極的に使える墨液です。

    オススメPoint.4

    低価格・高品質

    プロも認める納得品質

    発売以来、たくさんの方にご愛用いただいている「凛」は、プロも認める納得の品質で、弊社が自信を持ってお薦めする人気商品です。 たくさん墨液を使うと、コストもかかります。質のいいものがリーズナブルな価格でお買い求めいただけるのも魅力のひとつ。 たくさん使いたい練習用にはもちろん、作品用にもお使いいただけます。

    /#コストパフォーマンス高/#〜2000ml

    【大決算SALE特価商品】墨液 凛 2000mLのレビュー(2件)Item Review

    • pippi
    • 2018/12/31 03:36:47
    この膠系の墨液しか使いません
    書道学校で買わされる樹脂系の墨液をどうしても気に入らず、膠系の本品を購入。とっても気に入って、墨液では本品のみ使っています。

    ●固形墨Loverでも満足できる墨液
    そもそも固形墨好き、墨液嫌いだったのですが、書道学校では時間の制約があるため、仕方なく墨液を使っていました。しかし本品を使いはじめて、墨液への評価が180度変わりました。発色、ニジミなど、本品は固形墨Loverでも満足できる書き味です。

    ●膠系は筆に優しい
    樹脂系墨液と膠系墨液では、筆の持ちが異なります。樹脂系は、筆の傷みが早く激しい。膠系を使いはじめたら、筆がしなやかさを保ち、持ちが長くなりました。筆が喜んでいるのが分かります。上質な筆ならばなおさら長持ちさせたいのが人情でしょう。

    ●リーズナブルな膠系
    書道学校の所定の墨液は、180mLボトル300円。本品は180mLあたり225円。上質な膠系であるにもかかわらず、書道学校の樹脂系より実に25%安いのです。稽古で墨液を大量消費するのですから、こちらを買うに決まってます。

    • ひさ
    • 30代
    • 女性
    • 2018/04/30 08:02:03
    濃度が選べるので気候に合わせて薄めて使用しております。
    練習から作品作りまで幅広く使用できるので気に入っています。

    よく一緒に購入される商品Related Items

    墨液カテゴリ一覧

    タグから商品を選ぶTag itemlist

    書遊 売上ランキングSales Rankings