書道一番(特厚口) 半紙

shodo ichiban thick
商品番号
6435
商品区分
3050
商品サイズ
24.3×33.4cm
枚数
1000枚
用途
漢字向け
産地
国産
製法
機械漉き
にじみ
★☆☆☆☆
厚み
■■■■□
発送時期
ご注文日後7営業日前後
タグ
    定価 (税込)
    4,300円
    販売価格 (税込)
    430円〜3,010円
    オプションの詳細価格»
    枚数
    取得ポイント
    30ポイント
    数量
     この商品ページをシェアする
     この商品を友達に教える
    #書道紙/#漢字用 書道紙/#漢字用半紙/#機械漉き/#国産/#漢字練習向き/#ばら売り有/#コストパフォーマンス高/#にじみ:★☆☆☆☆/#厚み:■■■■□

    筆の滑りが良い練習用の半紙

    サラッとした書き味が味わえる愛媛県産の機械漉き半紙です。
    筆の滑りが良いため、サラッとした書き心地で綺麗な文字が書けるのが特徴です。
    文字を綺麗に書く練習をしたい初心者の方や学生に最適です。

    ニジミにくく安心して使える品質の良さ

    機械漉きの中でも、書道一番はニジミがほとんどなく、筆を止めてもニジミにくいため
    手本を見ながらゆっくりと書きたい方にも安心して使っていただける練習用の紙です。
    低価格・高品質な紙なので、たくさんの方にご愛用いただいている一品です。

    厚さによる表現の違い

    普通厚の紙は、墨が横に広がっていきやすく墨の量が少なくて済むため、軽快な筆運びが可能です。
    また、厚手の紙よりもニジミやすいことも挙げられます。
    ニジませたくない方は厚手の紙を選んでいただく方が良いでしょう。
    なるべくにじませたくない場合は、墨の濃度を上げて書くなどの方法もございます。

    厚手の紙は、墨が紙の奥に染みこんでいくため横に広がるニジミは少なく、墨の色に奥行が感じられます。
    使う墨の量が多く必要ですし、ニジミが少ない分、擦れが表現しやすい特徴がございます。
    擦れさせたくない方は普通厚のタイプを選んでいただく方が良いでしょう。

    普通厚と特厚口、それぞれの良さをぜひ実際に試して比べてみていただくことをお薦めします。

    〔主な特徴〕上図:固形墨「萬世」淡墨
    この紙は淡墨で書くことがほどんどありませんので、こちらはあくまで参考です。
    淡墨を一滴落とした時に、水滴がそのままの形を残し、一旦止まっていることからにじまない紙質です。
    基線の輪郭を見ると、ニジミを止めようとしているのがよく分かります。

    〔主な特徴〕下図:固形墨「萬世」普通濃度
    こちらは、普通濃度の墨をたっぷりつけた参考写真です。
    よく見ると繊維の中で墨の広がりを止めようとしている特徴が見受けられる点から、 墨をたっぷりつけた場合でも、比較的ニジミが少ない紙質だと分かります。

    よく一緒に購入される商品Related Items

    書道紙カテゴリ一覧

    タグから商品を選ぶTag itemlist

    書遊 売上ランキングSales Rankings