今年は、書初めを始めよう!

KAKIZOME YOUHIN

抱負や目標を形にする
新しい年の新しい始まりに

年に一度行われる日本の風習「書き初め」。お正月ならではの習わしです。誰しも一度は体験したことがあるのではないでしょうか?
新年の始まりは元旦にあります。年末には家中の大掃除をしたり、おせち料理の準備など、新年を迎えるために様々な支度をするのが日本の風習です。
昔から日本ではあらゆるものに神が宿るという考えがあり、ご先祖様だけではなく、毎年お正月に来てくださる歳神様を迎える支度をすることが大切にされてきました。
改めて大切に残していきたい日本の風習の一つと言えるかもしれません。
新しい年を迎えることができることへの喜びと感謝、一年の無事を祈願すること。
また、「今年はこんな年にしたいな」「今年はこういうことをするぞ」というような自分の中での目標や決意も新しい年の始まりにこそ掲げてみるのもいいものです。
新年だからこそ思うこと、願うことは誰にもあるはずです。願いを言葉にする。今年こそは挑戦してみてはいかがでしょう。
自分の思いを文字するということは意外と大切です。自分の思いを文字にすることは、自分の心に刻むことであり、改めて心の内を意識することにも繋がります。
普段から文字を書く機会というのは減りつつありますし、毛筆で書いてみるとより特別感が感じられるはずです。
書道をされている方は、さらに字の上達を願うのもよし。書道をされていない方でも新しい年の始まりに何か特別なことをしてみるというのもよし。
寒い季節にこそじっとその思いを温めつつ、やがてくる暖かい春の訪れを心待ちにする…そんな冬の過ごし方もいいものですよね。
書き初めというと、お正月の行事だからとか毎年決まってそうしているからとか風習としてあるものと思われる方も多いかもしれませんが、実はこんな深い意味があったのですね。
家族や友達同士でお互いの新年の目標や抱負について語りながら、お正月に「書き初め」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

書き初めの起源

書き初めの誕生

書き初めの起源は平安時代にまで遡ります。平安時代の宮中行事である「吉書始め」が書き初めの起源とされています。
昔は書く道具というと墨と筆と紙が使われていました。元旦の朝に汲んだ神聖な水を使って墨を磨ることに始まり、その年の年神様のいる恵方に向かって祝賀や詩歌を書いたことに始まったとされています。
昔の人々は毛筆で文字を書くということは今よりもずっと重要な意味を持っていたはずです。字が上手に書けることは、昔の人にとって切なる願いだったのかもしれません。
字の上達を願って神様に書き初めを奉納する習わしが今日まで大切に受け継がれてきたのでしょう。世間一般的な行事となるのは江戸時代からだと言われています。

書き初めをするのはいつ?

書き初めというとお正月の風習ですが、実際はいつ行うものなのでしょうか?
本来は1月2日に行うものとされていますが、神社やお寺、各自治体や団体など、様々な場所で行われていますので、日にちもそれぞれによって異なります。
お正月というのもはっきりとした期間が定まっていないように、お正月に行われるということは通例ですが、はっきりとした日が設定されているものではないようです。
ですので、お住まいの地域で調べていただいたり、もし行ってみたい書き初め大会があれば調べて確認していただいたほうがいいでしょう。
書き初めを行う神社であれば、初詣のお参りのあとにでも気軽に書き初めをしてみるのもいいかもしれません。総じて、お正月の三が日前後に行われていることが多いようです。

書き初めを書いた後は

お正月の恒例「どんと焼き」

お正月に書いた書き初めは「どんと焼き」で燃やすのがひとつの方法です。
お正月を過ぎた頃に、お正月飾りやお守りなどを集めて燃やす「どんと焼き」という行事があります。
「どんと焼き」はその年の無病息災を祈って小正月である1月15日前後に全国各地で行われる行事です。
お正月の注連縄(しめなわ)や飾り、書き初めなどを各家から持ち寄り、木や藁で作ったやぐらを積み上げて燃やす火祭りです。
「どんと焼き」で書き初めを燃やし、紙が高く舞い上がれば字が上達するといういわれもありますし、燃やした煙に乗って年神様が天上に戻られるともされていますから
書き初めを「どんと焼き」で燃やして一年の無病息災を願うのも良さそうです。
お住まいの地域によっても時期が異なるかもしれませんので、調べておくと安心です。
また、神社などでも催されていることがありますので、お近くの神社の行事を確認しておかれるとよいでしょう。

書初めに使いたい言葉

「書き初めの道具を一式用意したけれど、何を書けばいいのか悩んでしまった」ということもよくあるかもしれません。
あまり難しく考えなくても、まずは新年の訪れを祝う文字を書いてみるのがおすすめです。
また、新年の抱負や目標などは文章でもいいですが、端的に表した四字熟語が主流になっているようです。
おめでたい言葉や新年の抱負に合う言葉を選ぶこともまた楽しみの一つです。
新しい年を迎え、決意を表す四字熟語や、新年を祝うおめでたい日本語など、楽しみながら選んでみるとよいでしょう。
書き初め大会などでは、題目が決まっているところもありますが、自由に選べるところもあります。もちろんご自身でされる場合は自由です。
言葉選びに悩む方にも、書き初めにぴったりのおめでたい言葉を紹介します。
意味を知れば、言葉の情景を想像することができますから、楽しみながら書き初めができそうです。

子供向けの書初め言葉

うめ

寒い季節にいち早く咲く梅は、春を告げるめでたい花とされています。

ななくさ

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろこの七草を1月7日の朝に食べる事。
一年間万病を避けて元気に過ごせるとされています。

たからふね

七福神が乗っている。宝物を積み込んだ帆船のこと。
おめでたい象徴とされ、江戸時代の正月には宝船の絵を売る宝船売りが売り歩いたといわれています。

大人向けの書初め言葉

ずいうん

仏教などでめでたい前兆として現れる雲。
太陽の近くを通りかかった雲が緑や赤に見える気象現象。

きっしょう

めでたいこと。幸福、繁栄を意味する言葉

らくじゅ

長生きを楽しむこと。

おうかのうみ

鶯がさえずり、花が咲き乱れる春の情景が海のように広がる様子。

ばんぷく

多くの幸福。幸福の多いこと。

ほうらく

豊かで,人々が暮らしを楽しむこと。

書き初めにおすすめの紙

一般的な「八つ切り」サイズ

書き初め用紙といっても、一つの決まったサイズだけではありません。書き初めに用いられる紙には実はいくつかのサイズがあります。
中でも代表的なものが「八つ切り(やつぎり)」という大きさの紙です。 半紙よりも幅は細く、長さは倍ほどある大きさといえばイメージがしやすいかと思います。
「八つ切り」というのは全紙を1/8にしたサイズで、そのことから「八つ切り」と呼ばれるようになりました。
全紙(ぜんし)というと聞き慣れない方にとっては馴染みのない言葉かもしれませんが、書道の紙において最も基準となる大きさで、約69×136cmほどあるかなり大きな紙です。
どんなサイズの紙を使うかは、地域や書き初めを行う各団体によって少しずつ違います。どこの書き初めでも比較的よく用いられるのが八つ切りです。
八つ切りの他に、半紙も使われますし、半切というやや大きめの紙もよく使われています。書き初め用として特別決まったサイズがあるわけではありません。
様々ある中でよく使われるのが「八つ切り」サイズだということです。
あまり大きいと書くのも大変ですし、八つ切りサイズが書き初めにはちょうど使いやすいサイズなのかもしれません。
特にに習字に励むお子様にとっては半紙よりもやや細長い紙はチャレンジしやすい大きさです。
大人の方でももちろん構いませんし、書きたい文字や字数にとよっては、半紙や半切など臨機応変に紙を選んでいただくのも一つです。
書き初め大会などに参加する場合は、大会の半紙サイズに合わせる必要がありますが、そうでない場合は「八つ切り」サイズが一般的です。
もちろん半切などに思いきり書いても、半紙に書いても問題ありません。

書遊Onlineおすすめの紙

書遊では「書道一番」「学生白鳳」などの八つ切りサイズをおすすめしています。
「書道一番」は滲みにくいので初心者やゆっくり書く方におすすめです。
「学生白鳳」は滲みが出せるので中級〜上級者の方におすすめしています。
それぞれ共に、八つ切りサイズと半紙サイズをご用意しています。

書き初めにおすすめの筆

書き初めで使用する筆は、普段使う太筆よりも大きいのが特徴です。
筆には号数がありますが、メーカーによって規格が異なりますのでお選びいただく際は筆の穂先の大きさで選ぶことをおすすめします。
どのくらいの大きさの文字を書きたいかで選ぶ筆の大きさは変わってきます。
一般的に、大きな字ほど穂先の大きい筆が必要です。
また、名前書き用の細筆も忘れずに用意したいところです。

書遊Onlineおすすめの筆

八つ切り半紙に4文字書く場合の筆は、「19×70弌廾未諒羞造諒がおすすめです。
これくらいの筆であれば墨含みが良く何度も墨を付け足さずに書く事ができます。
筆の柔らかさは、兼毫筆(羊と硬い毛が混じっている筆)がおすすめです。
茶色い馬毛の、こちらは硬めの毛ですのでシャープな線を書きたい方におすすめです。

名前書き用は、イタチ・山猫・鹿の「金木犀」もう少し安い物でしたら「菖蒲」などが書きやすく人気があります。

書き初め用品のカテゴリーKakizome Item Category

書き初め用品をカテゴリー別にご案内しています。

書き初め用太筆Kakizome Hutohude

名前書き用細筆Namae Yo Hosohude

Kami

下敷きShitajiki

Sumi

墨液Bokueki

書道小物Shodokomono

今年は、書初めを始めよう! 商品一覧Item List

対象商品:166

並び順を変更| 新着順価格順

顕微無間 1.5丁型 墨運堂
1,134円 (品番:4209)

数:

墨宝 2.0丁型 日本製墨
1,755円 (品番:4553)

数:

墨の華 普 200cc 開明
490円 (品番:4510)

数:

売れ筋墨の華 普 400cc 開明
680円 (品番:4511)

数:

古心 徳用 500cc 呉竹
3,780円 (品番:4316)

数:

売れ筋書芸呉竹 紫紺系 250cc
680円 (品番:4307)

数:

売れ筋書芸呉竹 紫紺系 500cc
1,209円 (品番:4308)

数:

書芸呉竹 純黒 250cc
680円 (品番:5655)

数:

書芸呉竹 純黒 500cc
1,209円 (品番:5663)

数:

書芸呉竹 超濃墨 250cc
907円 (品番:1634)

数:

書芸呉竹 超濃墨 500cc
1,512円 (品番:5601)

数:

書芸呉竹 濃墨 250cc
756円 (品番:4311)

数:

書芸呉竹 濃墨 500cc
1,360円 (品番:4312)

数:

売れ筋楽雅 500cc
648円 (品番:1610)

数:

人気商品楽雅 濃墨 500cc
756円 (品番:7762)

数:

売れ筋墨液 凛 500mL
777円〜810円 (品番:3855)

売れ筋墨液 凛(濃墨) 500mL
881円〜918円 (品番:1455)

書仙(普及品)400cc 開明
1,285円 (品番:4692)

数:

開明墨汁 400ml
567円 (品番:4502)

数:

玄宗 200cc 墨運堂
604円 (品番:4273)

数:

売れ筋玄宗 中濃 500cc  墨運堂
1,209円 (品番:4412)

数:

玄宗 超濃墨 200cc 墨運堂
680円 (品番:4276)

数:

玄宗 超濃墨 500cc 墨運堂
1,360円 (品番:4277)

数:

玄宗 濃墨 200cc 墨運堂
680円 (品番:5676)

数:

玄宗 濃墨 500cc  墨運堂
1,360円 (品番:5677)

数:

天爵 500cc 墨運堂
3,402円 (品番:4290)

数:

特選書法一品 200cc 墨運堂
604円 (品番:3838)

数:

特選書法一品 500cc 墨運堂
1,209円 (品番:3849)

数:

特選書法一品 濃墨 200cc 墨運堂
680円 (品番:3898)

数:

特選書法一品 濃墨 500cc 墨運堂
1,360円 (品番:3899)

数:

特選龍光 500cc 墨運堂
3,402円 (品番:6795)

数:

人気商品文鎮 ミッキー ツイン黄
415円 (品番:1625)

数:

文鎮 ミッキー ツイン紫
415円 (品番:1626)

数:

文鎮 ニッケル条幅用先ツマミ付
1,058円 (品番:6039)

数:

文鎮 ニッケル 半紙用 No2
226円 (品番:6050)

数:

人気商品文鎮 ニッケル 半紙用 2本組
302円 (品番:6080)

数:

文鎮 ニッケル 半紙用 小
340円 (品番:6100)

数:

文鎮 ニッケル 半紙用 中
453円 (品番:6101)

数:

売れ筋文鎮 ニッケル 半紙用 大
491円 (品番:6102)

数:

売れ筋文鎮 ニッケル条幅#27 2本組【長期欠品中】
2,343円 (品番:6106)

SOLD OUT

文鎮 鋳物 筆
781円 (品番:6132)

数:

カラー文鎮 ブルー
226円 (品番:6187)

数:

カラー文鎮 ピンク
226円 (品番:6188)

数:

売れ筋カラー文鎮 ブラック
226円 (品番:6189)

数:

まとめ割筆巻 白小 30×30
170円〜194円 (品番:6201)

まとめ割筆巻 白大 33×33
220円〜259円 (品番:6202)

まとめ割筆巻 黒小 30×30
170円〜194円 (品番:6383)

まとめ割筆巻 赤小 30×30cm
170円〜194円 (品番:6385)

1 2 3 4 次ページ >

全 [166] 商品中 [1-48] 商品を表示

タグから商品を選ぶTag itemlist

書遊 売上ランキングSales Rankings