HOME  » 

HUDE

自分に合う筆を探す

筆が使いにくいと感じながらもどうやって選べば良いのか分からず困っていませんか?
書遊Onlineでは筆の選び方や種類を紹介しながら、筆を安心してお選びいただけるように努力しております。
書遊が厳選した様々なメーカーの筆を品ぞろえしておりますので、ぜひご利用ください。

コストを抑えて「高品質・低価格」を実現した自社商品筆

「秀筆堂」「朱管筆」「金鐘筆」など、コストを抑えることにより、「高品質・低価格」でお客様にお届けできる筆を多数取り揃えております。
ぜひ、色々な商品をお試しください。

筆のカテゴリHude Category

筆を用途別にご案内しています。
メーカー、毛、筆のサイズなどを参考にお好みの筆を見つけてください。

かな細字筆KANASAIJI HUDE

'

かな中字筆KANACHUJI HUDE

'

かな大字筆KANADAIJI HUDE

'

唐筆TOUHITU

'

細字実用SAIJI JITUYOU

写経用筆SYAKYOUYOU HUDE

'

漢字一般半紙用筆KANJI IPPANHANSHIYOU HUDE

'

漢字条幅用筆KANJI JYOUFUKUYOU HUDE 

'

漢字大字特大筆KANJI DAIJI TOKUDAIHUDE

'

高級羊毛筆KOUKYUYOUMOU HUDE

'

珍筆CHINPITU 

学童半紙用筆GAKUDOUHANSHIYOU HUDE

漢字書き初め用筆KANJIKAKIZOMEYOU HUDE

パフォーマンス用筆PAFO-MANSUYOU HUDE

筆のブランドHude Bland

奈良の筆作りは今から1200年ほど前、空海が唐から筆と墨の製法を持ち帰り、国内で作り始められるようになりました。 奈良は日本筆作りの発祥の地とされています。
一方、広島でも約180年前から筆作りがさかんに行われるようになり、多くの書家の方々と作り上げた筆は今なお多くの方に愛されています。
書遊Onlineでは、国の伝統工芸品に指定された奈良筆の他、熊野・川尻筆。自社ブランドの唐筆など幅広く取り揃えております。

秀筆堂SHUHITUDOU

高品質・低価格を実現した当店おすすめブランド

文明堂BUNMEIDOU

当社おすすめブランド

あかしやAKASHIYA

約380年の伝統を誇る、奈良筆の名店

松林堂SHORINDOU

創業以来百数十年一貫して伝統の製法で作りつづける奈良の筆

一休園IKKYUEN

多くの書家と共に作った、愛され続ける熊野筆

菊壽堂KIKUJYUDOU

創業寛永三年 伝統工芸品川尻筆

朱管筆SYUKANHITU

低価格・高品質のオリジナルブランド

金鐘牌KINSHOUHAI

金鼎牌に代わる良質なオリジナルブランド

武林邵芝巌BURINSHOUSHIGAN

唐筆の定番

筆 売れ筋ランキングHUDE Ranking 2016年度実績

書遊Onlineで人気の筆をご紹介します。

始制 文明堂shisei

筆のアクセス、売上No.1

学生ときぞう小 秀筆堂gakuseitokizou

羊毛・羊尾・白天尾。初心者の方にもおすすめの筆。

琢磨takuma

兼毫筆。学生にも扱いやすい人気商品。

選毫圓健 金鐘牌sengouenken

実用書・手紙・篆刻に人気の唐筆。

筆のコラムHUDE Colum

筆の歴史

奈良時代 日本に伝来した筆

筆は秦の時代中国からはじまり、中国の文化と共に大和時代に輸入されていたと考えられています。
そして 平安初期、遣唐使空海が唐から筆と墨の製法を持ち帰り、伝えたことから日本の筆作りが始まったとされています。

奈良筆の誕生
奈良筆の特徴は、選毛から仕上げまでの全工程を一人の職人が行うこと。そして、毛を混ぜる際に伝統技法「練り混ぜ法」を使用することです。
この「練り混ぜ法」は筆の原料となる毛をそれぞれ別に水に浸して平目合わせと呼ばれる形にし、その毛の状態や特徴にあわせて配分と調合を微妙に決め、入念に混ぜ合わせていく方法です。 この方法により、絶妙な書き味の筆が生まれます。
日本に現存する最古の筆は、「正倉院」の「天平筆」です。中心に紙を使って根元を固めて作る「紙巻筆」です。
明治に入ってから、根元まで水で濡らして使用することができる「苧締め(糸締め)」方が主流になりました。

全国筆作りの始まり
熊野市の筆作りは約180年程前、広島藩の筆作り推奨により始まります。 現在全国の80%の生産量を誇るとされています。

筆の産地

熊野産地(熊野筆)

日本全国、筆の産地として一番大きいとされているのが、広島県安芸郡熊野町となります。熊野町には筆づくりの職人「筆司」が1500名と、日本を代表する筆づくりの町です。

川尻産地(川尻筆)

広島県豊田郡川尻町にある川尻産地は、高級筆の産地として全国シェア20%を占めています。

豊橋産地(豊橋筆)

愛知県豊橋市にある豊橋産地の豊橋筆の品質水準は比較的高く、書道用を中心に、日本画用、工芸用と種類も多い。

その他、職人の数は多くはありませんが、奈良の奈良筆、兵庫の有馬筆、京都の京筆などがあり、伝統産業として今なお伝え続けています。

良い筆の見分け方

1.穂先が割れたりせずに鋭く尖っていて、まとまりがあること。特に小筆は先が利いてまとまりがあること。
2.穂先全体が整っているもの、毛がバランスよく巻いてあるもの。
3.毛が丈夫で適度な弾力がある。筆のはらが筆圧に応じて適度に弾力があり、離すと元に戻ること。
4.穂全体が綺麗な円錐型になっているもの。

固め筆と捌き筆

筆には穂が固めてある「固め筆」と最初から固めていない「捌き筆」があります。
固め筆は穂の半分ほどをおろして使っても良いし、全部捌いてから使っても良いように作られています。
捌き筆は、毛の弾力があるもの、先端の揃い方、毛が均一なものを選びましょう。

筆の扱い方(おろし方と洗い方)

太筆の場合
固め筆を下すときは、使用する部分をぬるま湯につけ丁寧に穂先から指でほぐし、のりを十分取り除いてから使用してください。
使用後にう際は、墨がなくなるまで根元を重点的に丁寧に洗います。
洗い終えた筆は、水分を取り穂先を整えてから十分乾くまで風通しの良い太陽光があたらない場所に吊るして乾燥させて下さい。

細筆の場合
細筆は、約1/3程度を指で丁寧に保護してからご使用ください。
使用後洗う際は。書き損じの紙などに水を含ませ、その上で穂先を整えるように墨をふき取り、よく乾燥させてから筆巻に保存してください。

筆に使われる毛とその特徴

山馬
楷書用の筆として流行しました。とても硬い毛で、現在は高級品として知られています。

馬毛
硬いが弾力があり、楷行書用筆として一般的に使用されています。
ほど良い硬さとしなやかさが特徴。太筆によく使用されます。羊毛に比べて弾力が強く、墨含みが少なくなります。
中でも天尾(あまお)と呼ばれるしっぽの根元の毛は最高の弾力があるとされ、筆の弾力を出すために剛毛や兼毛の太筆に使われています。

イタチ毛
毛質はほど良い弾力がありしなやかで、筆の毛先が鋭くまとまります。
柔らかさ、弾力、鋭さ、粘りもよく滑らかな書き味で、トメ、ハネ、ハライが綺麗に表現できるため、楷書、行書、仮名の筆によく使用されます。
初心者にも使いやすく人気です。イタチ毛の細筆は細くすっきりとした流麗なかな文字にもおすすめです。

狸毛
硬くてしなやかな毛質。 美しいとめやはね、はらいを表現することができます。
イタチよりも毛足が長いので中字筆に使用され、またまとまりすぎることなく、線に程よい荒さをだすことができるのが特長です。
創作用などにも好まれている筆です。

羊毛と白馬の兼毫筆
適度な弾力があり、初心者でも扱いやすい毛質です。楷書やお手本書きにおすすめの筆です。

兎毛(しごう)
兎の毛は丈夫で古くから筆に使われていました。
代表的な紫毫(しごう)と呼ばれる黒い兎の毛は、トメ、ハネ、ハライ綺麗に表現でき、写経筆などによく使用されています。

玉毛(たまげ)
猫の毛は玉毛と呼ばれ、毛の中ほどにふくらみがあり、切っ先に力があり独特の粘りがあります。
細い線を引くのに適しているため、仮名用筆に使用されます。 羊毛とは違った粘りのある独特な線が書けます。

羊毛
羊とは山羊をさします。きめが細かく柔らかい毛質で、墨もちが良いのが特長です。
また、羊毛は部位によって何十種類にも選別されます。
雄の山羊の首筋の一部から取れる上質の毛は「細光鋒」とよばれ、昔から最高の材料として知られています。
■細光鋒・・・毛先が長く細い。全体にほど良い弾力がある。
■細嫩光鋒・・・細光鋒と同じ部位で、若い山羊の物を限定して指します。毛が細く弾力が少なく柔らかい。
■羊尾・ひげ・・・筆の弾力を持たせるために腰毛として混ぜて使用されます。

毛の配合による呼び名

筆は毛の配合により、呼び名があります。
々簗咫覆瓦Δ發Α法ΑΑη呂筌ぅ織舛覆匹旅笋ぁ覆たい)毛だけで作ったもの
兼毫(けんごう)・・・兼毛ともよばれます。二種類以上の動物の毛を混ぜたもの。
柔毛(じゅうもう)・・柔毫(じゅうごう)ともよばれます。柔らかい毛だけを使ったもの。羊毛筆をさすことがおおい。

筆の部位について

筆の構造

書道の筆は、様々な動物の毛を束ねて、根元を糸で巻いた穂を軸に詰めたものです。
軸は竹製が多いですが、プラスチックなどで作られたものもあります。

筆の穂首

命毛

穂先の最先端部の毛を命毛と呼び、筆の書き味を決めるもっとも大切な部分です。
様々な毛を使う穂ですが、命毛は特に良い毛が使われます。

穂の中でも二の毛と呼ばれる毛を使った部分に該当する部位。

穂の中でも三の毛、四の毛と呼ばれる毛を使った部分に該当する部位。

穂の中でも五の毛からの毛を使った部分に該当する部位。

ダルマ

別名前骨と呼ばれ、穂を入れる部位。

筆管

筆の軸を筆管と呼び、材質は竹からプラスチックまで様々です。
軸の重量と長さは穂とのバランスが決まる部分であり、書き味に影響を与える重要な部分です。

尻骨

筆管と掛紐をつなぐ部位です。材質は、プラスチックや象牙まで様々。

掛紐

筆吊りに掛ける時に使う紐。
掛紐がない筆は、筆吊りに吊ることができないので購入の際注意が必要です。

筆のサイズと呼び名

穂の長さで分ける

穂先の長さにより、長々鋒〜短鋒に分けられます。
半紙で練習を始める初心者の方には中鋒サイズがおすすめです。
■長々鋒・・・軸径に対し、穂先が6倍以上のもの。
■長鋒・・・軸径に対し、穂先が4.5〜6倍のもの。草書や仮名に。
■中鋒・・・軸径に対し、穂先が3〜4.5倍のもの。楷書や行書に。
■短鋒・・・軸径に対し、穂先が2〜3倍のもの。篆書などに。

穂の直径で分ける

筆の商品名にある何号という記載により、用途などが分かります。
■1号・・・大筆。穂径1.6〜1.8僉A柑罎里茲Δ並腓な紙向き。
■2号・・・大筆。穂径1.4〜1.6僉A柑罎里茲Δ並腓な紙向き。
■3号・・・中筆。穂径1.2〜1.4僉H昌罎濃箸Δ里砲すすめの太さ。
■4号・・・中筆。穂径1.0〜1.2僉H昌罎濃箸Δ里砲すすめの太さ。
■5号・・・中筆。穂径0.9〜1.0僉H昌罎濃箸Δ里砲すすめの太さ。
■6号・・・中筆。穂径0.8〜0.9僉書簡や写経など細かな文字向き。
■7号・・・中筆。穂径0.75僉書簡や写経など細かな文字向き。
■8号・・・中筆。穂径0.7僉書簡や写経など細かな文字向き。

筆の関連コンテンツSumi Contents

書遊Onlineの読み物でご紹介している筆に関する記事を集めました。

筆の商品を選ぶSelect Item

筆の種類

筆 商品一覧Item List

対象商品:579

並び順を変更| 新着順価格順

灰狐 中 秀筆堂
1,556円 (品番:3800)
毛質:狐
穂の大きさ:6.5×50mm

数:

中号 陶鋳 秀筆堂
1,628円 (品番:4930)
毛質:羊・ヒゲ
穂の大きさ:8.0×45mm

数:

小号 陶鋳 秀筆堂
1,290円 (品番:4929)
毛質:羊・ヒゲ
穂の大きさ:7.5×42mm

数:

朝霧 琴匠筆
2,609円 (品番:7163)
毛質:狸・羊毛
穂の大きさ:7.0×43mm

数:

高級面相 4号 秀筆堂
405円 (品番:6367)
毛質:イタチ
穂の大きさ:2.0×14mm

数:

高級面相 3号 秀筆堂
485円 (品番:6366)
毛質:イタチ
穂の大きさ:2.5×19mm

数:

高級面相 2号 秀筆堂
648円 (品番:6365)
毛質:イタチ
穂の大きさ:4.0×24mm

数:

高級面相 1号 秀筆堂
729円 (品番:6364)
毛質:イタチ
穂の大きさ:4.0×26mm

数:

高級面相 5号 秀筆堂
324円 (品番:6368)
毛質:イタチ
穂の大きさ:2.0×11mm

数:

野兎 大 秀筆堂
1,014円 (品番:7930)
毛質:野兎
穂の大きさ:5.0×27mm

数:

白玉鼬入 中 秀筆堂
1,491円 (品番:4106)
毛質:猫・イタチ
穂の大きさ:5.5×27mm

数:

白玉鼬入 大 秀筆堂
1,764円 (品番:4107)
毛質:猫・イタチ
穂の大きさ:6.0×29mm

数:

白玉鼬入 小 秀筆堂
720円 (品番:4105)
毛質:猫・イタチ
穂の大きさ:4.0×24.5mm

数:

白玉 漢壁 秀筆堂
1,156円 (品番:7829)
毛質:猫
穂の大きさ:7.0×29mm

数:

清流 3号 秀筆堂
1,159円 (品番:6373)
毛質:イタチ・ヒゲ
穂の大きさ:3.5×24mm

数:

清流 2号 秀筆堂
1,275円 (品番:6372)
毛質:イタチ・ヒゲ
穂の大きさ:4.0×27mm

数:

清流 1号 秀筆堂
1,505円 (品番:6371)
毛質:イタチ・ヒゲ
穂の大きさ:4.5×29mm

数:

清剛 秀筆堂
571円 (品番:2433)
毛質:兎・馬ハラ
穂の大きさ:4.5×25mm

数:

松葉 秀筆堂
678円 (品番:7922)
毛質:まみだぬき
穂の大きさ:4.5×26mm

数:

秋月 秀筆堂
222円 (品番:3336)
毛質:中国狸
穂の大きさ:6.0×25mm

数:

秋篠 〔奈良筆伝統工芸士 田川欽三造〕
1,890円 (品番:5910)
毛質:鹿毛・白狸毛
穂の大きさ:5.0×27mm

数:

秋水 【秀筆堂】
1,154円 (品番:4451)
毛質:羊・豚・ナイロン
穂の大きさ:7.5×45mm

数:

香具山 〔奈良筆伝統工芸士 田川欽三造〕
1,361円 (品番:9915)
毛質:イタチ・白狸
穂の大きさ:5.0×26mm

数:

別製 蘭蕊羊毫 朱管筆
1,337円 (品番:3340)
毛質:羊
穂の大きさ:8.5×47mm

SOLD OUT

別製 精品玉蘭蕊朱管筆
2,070円 (品番:3351)
毛質:羊
穂の大きさ:8.5×48mm

数:

別製 玉版金丹 朱管筆
933円 (品番:3450)
毛質:羊
穂の大きさ:10×44mm

数:

別製 加料条幅 朱管筆
628円 (品番:3338)
毛質:羊
穂の大きさ:8.0×42mm

数:

別製 ホウ古玉蘭蕊朱管筆
2,214円 (品番:3358)
毛質:羊
穂の大きさ:9.0×49mm

数:

特製 大七紫三羊毫 朱管筆
620円 (品番:3364)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:7.0×26mm

数:

珍朱巻 中 朱管筆
768円 (品番:3371)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:6.0×25mm

数:

珍朱巻 大 朱管筆
817円 (品番:3369)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:6.5×27mm

数:

珍朱巻 小 朱管筆
731円 (品番:3399)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:4.5×20mm

数:

超品長鋒写巻 朱管筆
1,113円 (品番:3573)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:7.5×34mm

数:

双料五紫五羊毫 朱管筆
433円 (品番:3416)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:6×23mm

SOLD OUT

精品下筆春蚕食叫声 朱管筆
589円 (品番:3536)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:6.5×24mm

数:

精制長長鋒純狼毫 中朱管筆
3,259円 (品番:3560)
毛質:イタチ
穂の大きさ:5.5×39.5mm

数:

精制長長鋒純狼毫 大朱管筆
3,668円 (品番:3558)
毛質:イタチ
穂の大きさ:6.5×44mm

数:

精制 中長鋒 朱管筆
462円 (品番:3553)
毛質:羊
穂の大きさ:6.5×36.5mm

数:

精制 大長鋒 朱管筆
498円 (品番:3546)
毛質:羊
穂の大きさ:7.5×39.5mm

数:

精制 小長鋒 朱管筆
436円 (品番:3554)
毛質:羊
穂の大きさ:6.0×36mm

SOLD OUT

珠円玉潤小楷 朱管筆
410円 (品番:3538)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:5.0×19mm

数:

七紫三羊毫 朱管筆
297円 (品番:3540)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:5.5×21mm

SOLD OUT

四花紫毫 朱管筆
373円 (品番:3544)
毛質:兎
穂の大きさ:6.0×21.5mm

数:

五花紫毫 朱管筆
283円 (品番:3545)
毛質:兎
穂の大きさ:5.5×17.5mm

数:

九紫一分羊 中 朱管筆
925円 (品番:3541)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:6.5×25mm

数:

九紫一分羊 大 朱管筆
1,359円 (品番:3535)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:7.0×29.5mm

数:

九紫一分羊 小 朱管筆
680円 (品番:3542)
毛質:兎・羊
穂の大きさ:5.5×24mm

数:

極品長鋒宿純羊毫中楷朱管筆
1,330円 (品番:3425)
毛質:羊
穂の大きさ:8.0×59.3mm

SOLD OUT
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次ページ >

全 [579] 商品中 [1-48] 商品を表示

書遊 売上ランキングSales Rankings