HOME  » 画材用品  » 乳鉢

乳鉢

NYUBACHI

日本の色を繊細に作り出す道具

乳鉢は日本画でも使われる白色を作り出す胡粉(ごふん)や水干絵具を細かくすり潰すために使います。
本格的な日本画制作には欠かせない道具。
細かく粉砕したものと膠液を混ぜて色を創り、豊富な日本の色を創り出すことができます。

乳鉢の使い方

乳鉢は乳棒を使い、すり潰して細かい粉状にするための道具です。
日本画などに用いられる岩絵の具や水干絵具と呼ばれる色材は、土や鉱物でできたものが多く、硬い素材であったり粒子の粗い状態でで販売されています。

膠液や水に溶かして絵具のように使うためには、粒子の細かい粉にすることが必要です。
細かくすり潰すために乳鉢に入れ、乳棒でかき混ぜて使用します。
乳鉢はずっしりと重みのある陶器製ですので、すり潰すときに力が入って滑ってしまわないように乳鉢の下に布をあてて乳棒を持たない手は軽く縁に添えながらお使いいただくとより安定します。
また乳棒はなるべくまっすぐ持ち、力を入れすぎずに持つと良いでしょう。

画材用品の商品を選ぶSelect Item

画材用品のカテゴリ一覧

乳鉢 商品一覧Item List

対象商品:3

並び順を変更| 新着順価格順

乳鉢 9.0cm
497円 (品番:6124)

数:

乳鉢 3寸
497円 (品番:1051_10150246)

数:

乳鉢 4寸
875円 (品番:1051_10150245)

数:
1

全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示

タグから商品を選ぶTag itemlist

書遊 売上ランキングSales Rankings